• shareshare
  • shareshare

欧州文化首都における日本関連プログラムを支援しています

VIA フェスティバル: エレクトロ・セッション#9 – Japanese’s style! GroundRiddim パフォーマンス

モンス 2015

音楽

 VIAフェスティバル閉幕を飾る日本のブレイクビーツとデジタルアートナイト

多様なDJやミュージシャン、エンジニア、ディレクター、グラフィックデザイナーやイラストレーターを擁する音楽とビジュアルアートのクリエイティブ集団、GroundRiddim。モンス2015のレーベルプロジェクトで舞台芸術と最新テクノロジーを特集した「VIA Festival」では、「Japanese’s Style」と題し、彼らのミュージシャンの一人、KEIZO machine!によるオーディオビジュアルパフォーマンスを披露しました。巨大スクリーンにダイナミックに展開するKEIZO machine!のインスピレーションあふれる映像とサウンドは、まるで世界中を旅するように楽しく刺激的で、満場の観客を大いに沸かせました。

日程:

2015年3月19~20日

会場:

La gare numérique (フランス・ジュモン)

日本人アーティスト:

Colo Graphonic, KeizoMachine, Gufumonn, Jami G, Taro Mikami, Yuya Ozawa

▲Page Top