• shareshare
  • shareshare

欧州文化首都における日本関連プログラムを支援しています

遠藤康行 クリエーション イン 横浜バレエフェスティバル 2015

神奈川県横浜市

舞台芸術

世界を舞台に舞う日本人バレエダンサーが集結

日本のバレエ人口は40万人以上、今や世界でも有数のバレエ大国と言われ、2014年の「ローザンヌ国際バレエコンクール」でも、優勝・準優勝を日本人が占めるなど、多くのダンサーが世界で活躍しています。今回、ダンサーの遠藤康行氏が芸術監督を務めた横浜バレエフェスティバルは、国内外で活躍する日本人トップダンサーが集結するガラ公演として開催されました。遠藤氏は2013年の欧州文化首都マルセイユをはじめ、世界各国を舞台にダンサー・振付家として活動しており、今回のフェスティバルでは小池ミモザ氏と共演した自作品も発表自作品も発表。日本人独自の磨かれた感性やオリジナリティーを発揮して、深い芸術性を堪能させた事も高く評価され、来年の継続も決定するなど大きな成果を残しました。

 

日程:

2015年8月17日~19日

会場:

神奈川県民ホール

プログラム:

「半獣」 牧神の午後よりパ・ド・ドゥ

振付:遠藤康行

ダンサー:遠藤康行、小池ミモザ

 

▲Page Top