• shareshare
  • shareshare

欧州文化首都における日本関連プログラムを支援しています

HOME > 伝統文化

更新情報

2017年06月09日

日程:

2017年6月10日~11日

会場:

IMPART 劇場

日本からの参加者:

柳家小せん、他

その他の参加者:

Stanislaw Meyer (落語翻訳)

関連プログラム:

 
●プロフェッショナル及び学生向け 落語ワークショップ
●若者向け落語ワークショップ
●集中ワークショップ(ヴロツワフ落語愛好会向け) 
 
2017年06月09日

日程:

2017年6月9日~13日 

会場:

IMPART 劇場

日本からの参加者 :

花崎杜季女と花崎流踊り子、尺八奏者、三味線奏者、顔師、着付け師

その他の参加者:  

梅田ハナ (日本舞踊踊り子)    

関連プログラム : 

●地唄舞ワークショップ
  日程: 2017年6月10日~11日
  会場: IMPART 劇場                         
  日本からの参加アーティスト: 花崎杜季女、第二舞踊手、梅田ハナ
 
●着付けワークショップ
   日程: 2017年6月10日~11日
   会場: IMPART 劇場                         
   日本からの参加アーティスト: 花崎杜季女、着付けアシスタント、梅田ハナ
 
●演劇ワークショップ―伝統的な女性の動き方について
   日程: 2017年6月10日~11日
   会場: IMPART 劇場                         
    日本からの参加アーティス ト:花崎杜季女、第二舞踊手、梅田ハナ
 
●舞台メイクデモンストレーション
   日程: 2017年6月10日~11日
   会場: IMPART 劇場                         
    日本からの参加アーティス ト: 舞台メイク師(調整中)
 
●地歌ワークショップ
   日程: 2017年6月10日~11日
   会場: IMPART 劇場                         
   日本からの参加アーティス ト: 尺八奏者、三味線奏者、地歌の歌い手
2017年06月09日

海を越えて深まる師弟の絆

日程:

2017年9月30日~10月1日

会場:

パルコポ体育館(ポーランド・ヴロツワフ)

日本からの参加者:

山城宏惟(剣道教士8段)、石坂英文(剣道6段)、古市典雄(居合道8段)、堀井悦二(合気道7段)、菅原忠則、下平晋一郎、青木ミツヨシ

関連プログラム:

●剣道セミナー
 日程:2017年7月15日~16日
 会場:パルコポ体育館
 日本からの参加者:山城宏惟、石坂英文、他。
 
●弓道セミナー
 日程:2017年9月30日~10月1日
 会場:ソブトカの体育館
 
●居合道セミナー
 日程:2017年9月23日~27日
 会場:パルコポ体育館
 日本からの参加者:古市典雄
 
●合氣道セミナー
 日程:2017年11月3日~5日
 会場:多目的体育館(AWF)
 日本からの参加者:堀井悦二
 
2017年06月08日

現地に根付くヴロツワフ2016のレガシー

日程:

2017年7月9日

会場:

スロドヴァ島

 

2017年06月05日

世界に広がる、いけばなの心

日程:

2017年10月8日

会場:

エンプロギャラリー

アーティスト:

宇田川理翁(古流理恩会華道古流宗家11代家元)

キャサリン・アデア(アシスタント)

2016年07月20日

剣道、弓道、居合道、合氣道…日本の伝統武道が一堂に会する夢の競演

日本武道祭は、ポーランドとヨーロッパにおける剣道、居合道、合気道、弓道など各種目の熟練者、そして日本から招聘した師範が互いに出逢う場として、参加者各々にとり大変得難い機会となりました。二日間の一般公開では、剣道(波財団 剣道大会)、弓道(第一回ポーランド弓道連盟トーナメント)、日本人師範による弓道実演、居合道の稽古、合気道実演が行われ、書道展示と将棋大会などのプログラムも同時開催されました。開催の期間中、10名の日本人師範と約200名の日本武道愛好家たちが一堂に会し、武道における礼儀や自律心、慎みなどを学びつつ、ヴロツワフ市民に日本文化の奥深さを伝えました。

(文責:ユリアン・ゴルスキー)

 

日程:

2016年9月24日~25日

 

会場:

第九高校体育館(ポーランド・ヴロツワフ)

 

日本人参加者:

山城宏惟 範士(剣道八段範士)、堀口 尚男(剣道七段)、若松正美(剣道七段)、
石坂英文(剣道六段)、齋藤雄一(剣道六段練士)
古市典雄(居合道八段、剣道七段)
澤田欣一 範士(弓道八段範士)、戸羽久之(弓道八段範士)
堀井悦二(合気道七段)
 
 
 
 
 

関連プログラム:

日程 プログラム 講師 会場
2016年9月22日~25日 弓道セミナー  戸羽久之、澤田欣一 、ポーランド人弓道教師 トレーニングホール
2016年9月23日~24日  剣道セミナー 山城宏惟、他日本及びポーランド人剣道教師 MCSヴロツワフトレーニングホール
2016年9月24日~28日 居合道セミナー 古市典雄 第九高校、ヴロツワフ体育大学トレーニングホール
2016年9月22日~23日 合気道セミナー 堀井悦二 ヴロツワフ体育大学トレーニングホール
2016年9月24日~25日 第三回ヴロツワフ将棋選手権 ヴォイテック・ウェディナック(ポーランド日本親善友好財団 波 将棋指導者) 第九高校体育館
2016年07月15日

欧州で着実に愛好者が増え続けている日本の伝統舞踊・地唄舞

ショパンの楽曲やポーランド民謡にのって艶やかに舞う

日本とポーランド双方が、それぞれに綿密な準備を重ねて実現された本プログラム。開催前に叶った打合せはたった一度でしたが、お互いの距離は二日間の集中リハーサルで見事に乗り越えられ、公演は一貫した完成度の高い作品に仕上げられました。公演当日の会場は満員となり、終演後には多くの祝辞と熱のこもった感想が手向けられました。本公演は、一般客のみならず、本公演を心待ちにしていた日本の舞及び尺八の愛好家にとっても大変見ごたえのある公演となりました。公演の前には三日間のワークショップも行われました。ウメダハナと花崎杜季女による地唄舞愛好会(ワークショップ・グループ)が今後もポーランド・ヴロツワフで定期的に開催されることを願って大勢の舞手が集い、ワークショップ終了後もその余韻は続きました。また、本プログラムを通して三人のポーランド人尺八演奏家が出逢い、将来、波財団とのコラボレーションも期待されています。リハーサルの合間には、石川氏による尺八の即興ワークショップも実地されました。このような成果から、翌年の花崎杜季女一行によるポーランド公演がすでに企図されています。

(文責:グラジナ・ポゴジェルスカ)

日程:

2016年6月21日

会場:

Chamber Hall at Impart(ポーランド、ヴロツワフ)

出演:

花崎杜季女(地唄舞)、石川利光 (三味線)、花崎しの(地唄、尺八)

関連プログラム:

●地唄舞ワークショップ
 日程: 2016年7月17日~19日
 会場: ヴロツワフ第九高校
 
●尺八ワークショップ
 日程: 2016年6月20日
 会場: Impart室内ホール
2016年07月07日

未来の将棋愛好家を育てよう!大人から子供まで楽しめる将棋の世界

ポーランドにおいて将棋はバーチャルな世界で自学自習を基本に行われる盤上ゲームであり、専ら大人が楽しむものとされてきました。近年はトーナメント戦も実施されていますが、若者向けのトーナメント戦に関しては、ヨーロッパ全体を見渡してもごく僅かな例外を除き、あまり行われていません。また、若者や子供向けの育成メソッドや子供たちに将棋を広めようという努力もまだまだ不足しています。「将棋フェスティバル2016」は、こうしたを不足を補い、若手の育成に関心を寄せる人々と若手プレーヤーたちを結ぶことを目的としてトーナメント戦を実施しました。今回、トーナメント戦に参加したのはベラルーシの子供たちのみとなりましたが、ウクライナとドイツからの参加者の間には、試合を通して親密な関係が構築されました。プレーヤー同士の国境を超えた関係は、来年更なる実を結ぶことになるでしょう。

(文責:マチエイ・ポゴジェルスキ)

日程:

2016年7月23日~24日

会場:

ヴロツワフ公立図書館

日本からの参加者:

北尾まどか(女流棋士 2段)、藤原宏太

日本側パートナー:

将棋を世界に広める会

協力:

ポーランド将棋協会

関連プログラム:

北尾まどかによる将棋セミナー
日程:2016年7月22日
会場:ポーランド日本親善友好財団 波
 
動物将棋(動物将棋まつり 第1日目)
日程:2016年7月22日
会場:ヴロツワフ動物園
 
動物将棋 公開トーナメント(動物将棋まつり 第2日目)
日程:2016年7月23日
会場:バルバラ(ヴロツワフ)
 
2016年07月07日

欧州を飛び回る落語家・春風亭一之輔によるヴロツワフ公演&ワークショップ開催!

これまでにもポーランドで落語が上演されたことはありましたが、今回は欧州文化首都ヴロツワフの地でポーランド日本親善友好財団 波の主催により落語が紹介されました。既にプロジェクトの数か月前から大きな関心が寄せられており、ポーランドの落語ファンたちは、この機会にぜひ落語を観たいと国内を巡って芝居を鑑賞しました。日本語を専門とする学者や日本文化に興味を寄せる一般の人々、舞台芸術の愛好者、そして多数の若者アニメファンなど、本プロジェクトは年齢も関心領域も異なる老若男女合わせて150名以上を集客しました。芝居後はこれら様々な客層を交えて、多種多様な視点からの非常に刺激的なQ&Aセッションが行われました。

(文責:グラジナ・ポゴジェルスカ)

日程:

2016年7月27日

会場:

Impart ホール(ヴロツワフ)

出演:

春風亭一之輔、立川こはる

関連プログラム:

●落語ワークショップ
 日程: 2016年7月26日
 会場: ポーランド日本親善友好財団 波
2016年07月07日

ヨーロッパでも評価の高い日本の書道。

熊本出身の書家・森山淡草の作品やワークショップを通して体感される豊かな世界

日本の書はヨーロッパで高く評価されていますが、質の高い現代の作品を見る機会はあまり多くありません。今回、展示を行う森山淡草もその一つです。彼の弟子、ゴトウサユリ氏が解説を行います。本展はヴロツワフ中央駅に新設される公共図書館の新館で開催されます。本館は日本文学にも力を入れており、日本部署のディレクターは日本文化プログラムの開催にも度々協力しています。本展開催と同時に書道のオープンワークショップや少人数制の書道クラスも開催予定です。

展覧会:

日程: 2016年12月7日~28日

会場: ヴロツワフ市42図書館

日本からの参加アーティスト: 森山淡草 (作品展示)、後藤-フクシヴィッチさゆり (解説)

関連プログラム:

・後藤-フクシヴィッチさゆり トーク

 日程:2016年12月28日

 会場:ヴロツワフ市42図書館

・書道ワークショップ

 日程:2017年1月21日~22日

 会場: ポーランド日本親善友好財団 波

 日本からの参加アーティスト:大和ユリア

 

▲Page Top