• shareshare
  • shareshare

欧州文化首都における日本関連プログラムを支援しています

HOME > Others

更新情報

2015年09月04日

進化を続ける国際映画祭

2016年の欧州文化首都サン・セバスティアンで毎年開催されている、この映画祭は1952年創設でスペイン最大規模。料理映画部門の新設、主要コンペティション部門に初めてアニメーション作品「バケモノの子」(細田守監督)を選出するなど進化を続けています。今回は、日本のインディペンデント映画特集「New Japanese independent cinema 2000-2015 」を開催。商業映画の枠に捕らわれない幅広い表現の自由を求め、過去15年間に制作された35作品を公開する意欲的な企画となりました。期間中は、日本から市山尚三氏、塚本晋也氏、篠崎誠氏ら3名の映画監督が招聘され、カンファレンスやトークを実施。また最終日には是枝裕和監督の最新作「海街diary」が観客賞を受賞するなど、日本の存在感がひときわ目立つ年となりました。

 

日程:

2015年9月18日-26日

会場:

プリンシパル劇場、トルエバ劇場、アンティゴベリ劇場

(スペイン、サン・セバスティアン)

日本人アーティスト:

市山尚三、塚本晋也、篠崎誠

 

関連プログラム

  • 記者会見及び公式プレゼンテーション

2015年9月20日(クルサール)

 

  • 篠崎誠監督によるプレゼンテーション

2015年9月19日(プリンシプル劇場)

 

  • 塚本晋也監督によるプレゼンテーション

2015年9月22日(プリンシプル劇場)

 

2015年06月02日

 教育の現場で評価される「マンガの芸術性」

世界中に多くのファンを持ち、多くの若者の心を虜にしている日本のマンガ。その影響力は娯楽としてだけでなく、伝統文化や日本語を学ぶきっかけとして、またアートとして技法を学ぶ教育的な意味でも大きな注目を集めています。一方、人形劇や、人形を使ったストップモーションアニメの本場チェコでは、質の高いアニメーション教育が行われていることで知られています。プルゼニでは、アニメ・フェスティバルAnimanieの一環として、3日間にわたり、対象にマンガワークショップを実施。今回は、欧州文化首都ウメオ2014(スウェーデン)における文学フェスティバルLitffestをはじめ、イタリアやアフリカでもワークショップを行ってきた松田育夫氏の指導の下、全ての参加者が2ページのオリジナルマンガ作品を完成。参加者は更にそのマンガをベースにしたアニメーションを2日間かけて制作する中身の濃いプログラムを達成し、自らの創造性を大切にしながら実践的な技術を磨く貴重な機会となりました。 

日程:

2015年11月14日~17日

会場:

イジ―・トルンカ美術学校

講師:

松田育夫(よこはまマンガ教室 教室長)

2015年05月29日

人形芸術の偉人トルンカに師事した川本喜八郎の映像作品展  

2015年に生誕90周年を迎えた人形アニメーション作家 故・川本喜八郎氏。川本氏は60年代、単身チェコに渡り、人形作家の巨匠イジー・トルンカに師事。プルゼニはその恩師生誕の地であり、トルンカにちなんだフェスティバルや人形博物館などが数多く存在し、街に根付いています。欧州文化首都開催に合わせ、プルゼニ2015では大規模なトルンカ回顧展を企画、その一環として、トルンカの弟子である川本作品を上映するという本プログラムが実現しました。開催にあたっては人形劇場アルファ・ディレクターのホラ氏が視察来日し、川本プロダクション、百米フィルムと協議を重ねました。上映日には日本から福迫福義氏、映像学者の横田正夫氏、またトルンカと川本とともに仕事をしたチェコアニメーションの重鎮たちも駆けつけ、上映後も熱心な質疑応答が挙げられました。本プログラムには若い聴衆も多く参加し、オリジナルフィルムでの上映は、アニメーションを志す次世代の人々にとって貴重な機会ともなりました。

日程:

2015年5月1日

会場:

Beseda Cinema

アーティスト:

川本喜八郎

上映作品:

「火宅」 (1979年) 「旅」 (1973年) 「道成寺」 (1976年) 「いばら姫またはねむり姫」 (1990年)

協力:

川本プロダクション

 

2014年11月21日
食を通して多様な文化と出会う3日間! 今年が初の試みとして3日間に渡り開催されたウメオ・テイスト・フェスティバルは、私たちの生活に欠かせない「食」を通して世界の文化や様々なライフスタ イルを紹介する食の祭典。世界各国を代表する料理を始め、ベジタリアンや地元のオーガニック食材を使った料理を試食できるキッチンコーナーや、ワーク ショップ、コンペティションに加え、日本の食文化に焦点を当てたプログラムも開催。2014年7月にはフェスティバル主催者が日本に赴き、本プログラム実 現に向けて日本食のリサーチも実施。当日は寿司や日本酒、日本産クラフトビールの紹介の他、地元で日本食レストランを営む鈴木氏による巻きずしワーク ショップを行い、地元の参加者からも大好評を博しました。  

日程

2014年9月19 ~21日  

会場

ウメオ市メインストリート広場特設会場  

関連プログラム

●巻き寿司ワークショップ

日程:2014年9月19 ~21日(3回)
講師:佐野 順子
 
2014年11月12日
世界各国700都市をつなぐプレゼンテーションプログラム
2007 年より開始したペチャクチャ マルセイユ・プロヴァンス。フランスではマルセイユが最初のペチャクチャナイト開催地となりました。以来、3ヶ月に1回、マルセイユ、フランス国内、そし て海外より建築家やデザイナー、アーティストを招へいして本プログラムを開催してきました。これまでの22回の開催で、観客は300人から1300人に増 加し、200以上のプレゼンテーションを発信してきました。
ペチャクチャは東京を拠点にしたグローバルプロジェクトで、現在、世 界各国で700以上の都市で行われています。このコンセプトは2003年に建築家ユニットのクライン・ダイサム・アーキテクツによって生み出され、世界各 地で共有され、いまや大きなネットワークとなっています。
2013年のペチャクチャナイト マルセイユ・プロヴァンスは、欧州文化首都マルセイユ・プロヴァンス2013のレーベルプロジェクトの一環として開催され、日本から画家の及川キーダ氏、写真家の秋田大輔氏が招へいされました。本年は、建築家の安倍良氏が参加します。
ペチャクチャナイト マルセイユ・プロヴァンスウェブサイト:http://www.pechakuchanight.fr/

日程:

2014年11月29日

会場:

Dock des Suds http://www.dock-des-suds.org/

アーティスト:

安部 良(建築家) http://www.aberyo.com/

関連プログラム:

日程 プログラム 会場(都市)
2014年11月27日 安部良によるレクチャー ECV (エクス=アン=プロヴァンス)
2014年11月28日 Kedge Design School訪問 Kedge Design School (トゥーロン)
2014年11月30日~12月1日 安部良ワークショップ マルセイユ
2014年12月2日 安部良によるレクチャー Luminy architecture and art university (マルセイユ)
2014年12月3日 安部良展覧会オープニング Marianne Cat Gallery (マルセイユ)
 
2014年06月30日
2014年06月19日
2014年06月18日

▲Page Top