• shareshare
  • shareshare

欧州文化首都における日本関連プログラムを支援しています

HOME > 事務局だより > ヴロツワフ2016現代美術展「トゥー・スティックス」展キュレーター 住友氏によるレポート

事務局だより

2016/01/19

ヴロツワフ2016現代美術展「トゥー・スティックス」展キュレーター 住友氏によるレポート

two stics

欧州文化首都ヴロツワフ2016の一環として現在開催中の現代ドローイング国際芸術祭「トゥー・スティックス」展。ポーランド、日本からそれぞれ9名のアーティストが参加した本展にてキュレーターを務めたのは、プシェメク・ピンタル、ダニエラ・タゴフスカ、そして住友文彦氏。本展について、住友氏の文章がアートスケープで紹介されています。ぜひご一読ください!
 
リンク:http://artscape.jp/report/curator/10118464_1634.html
 
会期:2015年12月3日(木)~2016年1月31日(日)
会場:ブロツワフ建築博物館(Museum of Architecture in Wrocław)

月別アーカイブ

  • 2019.2 (1)
  • 2018.11 (1)
  • 2018.10 (1)
  • 2017.11 (2)
  • 2017.5 (9)
  • 2017.4 (18)
  • 2017.3 (21)
  • 2017.2 (18)
  • 2017.1 (17)
  • 2016.12 (17)
  • 2016.11 (20)
  • 2016.10 (19)
  • 2016.9 (18)
  • 2016.8 (20)
  • 2016.7 (19)
  • 2016.6 (22)
  • 2016.5 (14)
  • 2016.4 (20)
  • 2016.3 (22)
  • 2016.2 (19)
  • 2016.1 (19)
  • 2015.12 (18)
  • 2015.11 (18)
  • 2015年10月以前の記事はこちら

    ▲Page Top