HOME>> 国際青少年音楽祭:ヤン・デプレーテル公演

国際青少年音楽祭:ヤン・デプレーテル公演

宮崎県宮崎市・鹿児島県志布志市
ギタリスト ヤン・デプレーテル氏

ギタリスト ヤン・デプレーテル氏

2004年より、毎年の欧州文化首都や日本の各地域で様々なミュージシャンや音楽団体、地元の方々と共に継続した開催を行ってきた国際青少年音楽祭。この一環として、ベルギーを代表する若手クラシックギタリストのヤン・デプレーテル氏が宮崎市と志布志市を訪れ、コンサートやレクチャー等を実施します。ヤン・デプレーテル氏は2005年の初来日以来、度々、大阪、和歌山、鹿児島を訪れて青少年のためのプログラムを実施しています。なかでも、志布志市のNPOやっちく松山藩とは交流をあたため続け、その友情が今回の再来日に繋がりました。志布志市では、地元の小中学校における交流プログラムや老人ホーム慰問、地元市民のためのミニコンサートなど多数のプログラムを実施します。
今回、初の訪問となる宮崎市においては、地元のギター愛好家やギタークラブとの交流プログラムの他、口蹄疫で多大な被害を被った畜産関係者のためのコンサート開催など、地元が主体となって地域の人々のための事業が展開されます。

<国際青少年音楽祭in宮崎市(宮崎県)>
2010年
11月7日
ギター研修会
ミニコンサート
11月8日 迫田病院デイケアセンター春風訪問
宮崎大学クラシックギタークラブ練習指導
11月9日 県立明星視覚支援学校交流コンサート
川南町でのコンサート(対象:畜産関係者)

<国際青少年音楽祭in志布志市(鹿児島県)>
11月11日 伊﨑田中学校にて学校交流会
宇都中学校にて学校交流会・昼食
松山中学校にて学校交流会
11月12日 志布志市役所にてランチタイムコンサート
有明小学校にて学校交流会
コンサート <会場:石蔵倉庫>
11月13日 特別養護老人ホーム「賀寿園」慰問
若潮酒蔵ミニコンサート<会場:若潮酒蔵>
やっちく特別養護老人ホーム慰問
「やっちく松山藩秋の陣祭り」前夜祭参加
11月14日 「やっちく松山藩秋の陣祭り」本祭り出演

 

参加アーティスト

ヤン・デプレーテル(クラシック・ギター)

1975年アントワープ生まれ。 ルーヴァンのレメンス・インスティテュートを1995年に優秀賞で、アントワープ王立音楽院を1998年に最優秀称賛賞でそれぞれ卒業。オランダ・ハーグの王立音楽院にてゾラン・ドゥキックに師事し、2002年優秀な成績にて修了。 ナルシソ・イエペス、パヴェル・シュタイドル、オダイル・アサド、デヴィッド・ラッセル、マヌエル・バルエコのマスタークラスを受講。多数のコンクールで優秀な成績を収め、2006年"ギターの春"、国際コンクール(ベルギー・シャルルロワ)で最優秀賞およびファビオラ王妃特別賞を受賞。
王立フランダース交響楽団、王立ワロン室内楽団、フランダースラジオオーケストラや国立ウクライナ交響楽団等の国際的なオーケストラと多数共演。現在、ベルギーを代表する若手ギタリストとして、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニアと世界各国で活躍中。
日本では、2005年に初来日し、大阪、和歌山、鹿児島等でコンサートを実施。特に鹿児島県志布志市においては、継続したプログラムが実施されており、地元市民との交流が続いている。

http://www.jandepreter.com/

back.gif Page top